願いが勝手に叶う人とそうでない人の差は「許可」って知ってました?

願いを叶えられる人、叶えられない人の違いは「許可」。

願いを叶える。

最近、このフレーズって、僕たちに「願望実現」に対して間違った意識を持たせるものなんじゃないか?、と思うようになりました。

もしかして間違ってない?

実際のところ、願いは叶えることはできないんですね。

なぜなら、願いは浮かんだ瞬間に叶ってしまうものだからです。
叶えようと何かする前に叶ってしまうんですから、叶えようがないんです。
ちなみに、この時、同時に願いが形になる「願望の現象化」も終わっていますから、本当にやることはないんですね。

「でも、願いが勝手に叶うのなら、どうして今、私は復縁できていないのよ」
と思ったかもしれませんね。

たしかに、復縁したい、お金が欲しい、などと願っても、復縁ができないままだったりお金が入ってこないままだったりしていますよね。

でも、それには理由があるんです。

その理由について、
あなたは詳しく知りたいですか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは、
あなたを願望実現の達人に変える
コンサルタント、米田秀穂です。

願いは叶っていて現象化も終わっている。
この話はあちこちで語られています。

その理由も、「認知科学」や「量子物理学」などの理論で「なるほど、そうか」と納得できる形で語られています。

まあ、理屈はともかく、経験的に、願望を実現させてきた人たちは
「願いは叶っていて現象化も終わっている」
という話を採用して、実際に願望を実現させ続けています。

でも、同じようにこの「話」を採用しているはずなのに、願いを叶えられないでいる人はたくさんいます。
もしかしたら、あなたもその一人かもしれませんね。

現象化も終わっているなら、「願望が実現した結果」である「現象化」を受け取りたい。
なのに、全然、現象化が起こらない。起こる気配もない。

この話、この理論を理解できていないからだろうか?
理解していても腑に落とせていないから現象化を受け取れないのだろうか?

そんな風に悩んでいませんか?

どうして願いが叶えられないの?

でも、この「話」を採用していて結果を出せる人と出せない人との違いはそんなところにはないんです。

実は、この「話」を採用していて結果を出せる人と
出せない人との違いとは、
「どんな私でも状況でも自分は願いを叶えて良い」
と願望実現の許可を自分に出せているかいないか
だけなんです。

ですから、あなたが願いを叶えるために
することはただ一つ、
「どんな私でも状況でも自分は願いを叶えて良い」
と自分に許可を与えるだけで良いのです。

願望実現の許可を自分に出せるようになれば、あなたの願いは面白いほど叶っていくようになります。
何をしていようが願いが叶うようになります。
願いが浮かぶ間もなく叶っていく、つまり、何もかもがうまくいくようになるでしょう。
復縁や夫婦関係の修復・改善、収入のアップなども自然に手に入れることができるようになれますよ。

許可をだすだけで「願い」はどんどん叶っていく?!

正直に白状しますと、僕も長い間、
「『願いを叶えて良い』という自分自身への許可」
を自分に与えずにいたんですね。

というのも
「願いは叶っていて現象化も終わっている」
ということは理解でき腑に落とせてもいたんですが、
「願いを叶える」
という言葉に引っかかってしまっていたんです。

「願いを叶える」とは、正確に言うと
「私が〇〇して願いを叶える」ということになります。
これを言い換えると
「願いを叶えるためには私が〇〇しないといけない」
ということになるんですね。

これは見方を変えれば、
「願いを叶えるには今の自分ではダメだ」
ということです。

ですので、
「既に叶っている」
と理解しながらも、それでも、
「願いを叶えても良い自分」
になるために、僕は様々な方法を行っていたんです。

で、そうこうしているある時に、次のような考えが、ふと僕に浮かんだんです。

「よくよく考えたら
『願いは叶っていて現象化も終わっている』
だから、別に何もしなくても良いんじゃないの?
今のままの自分でも受け取って良いんじゃない?」
という考えです。

今のままでもOK!

そして、それからは
「願望はもう実現しているんだから、
無条件で現象化を受け取って良い」
と思いながら過ごすようにしたんですね。

で、そうしたところ、それまで願望が実現に向けて急に動き出したり、小さな願いがどんどん叶うようになったのでした。

このような体験から、僕は、
「願望の実現を無条件で受け取って良い」
と自分に許可を出すことが大事だと悟ったわけです。

願望実現に何の条件もいらないことを腑に落とそう。

さてそこで、願いを叶えられない人はなぜ、願望の実現を自分に許さないのでしょうか?

その理由は、かつての僕のように、
その人が自分を「不完全」だと見なしているから
です。

今の私は「不完全」?

たとえば、願いが叶わない時に、あなたはこんな風に思ったりしませんか?

「今の私はネガティブな思考や感情ばかり浮かべている。
こんな私では、願いを叶えることはできない」

「また、こんな失敗をしてしまった。
アファメーションやイメージングを続けられなかった。
これでは願いは叶わないぞ」

実は、これらの考えは「真実」ではありません。
よく考えていただくとわかるのですが、
「願いは浮かんだ瞬間に叶っていて、現象化も終わっている」
のですから、願いが浮かんだら「願望は実現済」で、その後は何をしようがしまいが関係ないんですね。

ということは、何かができようができまいが、関係ないんです。

あなたは「願いを抱く前の私」のままでOKで、わざわざ
「ネガティブな思考や感情をスルーできる私」や
「願望実現法を休みなく続ける私」に
なる必要はないんですね。

ところが、僕たちは無意識に思い込まされていることがあります。
それは、
願いを叶えるには、今のままの自分は
「不完全な存在」だから
完璧にならないといけない
という観念です。

そして、この観念を擦り込まれたせいで、
僕たちは「完璧な私」になるまで
願望の実現を自分に許可しない
ということを行ってしまうのです。

今のままで願いを叶えて良いことを自分自身に教えてあげよう。

ですので、あなたが願いを叶えるために
することはただ一つ、
「どんな私でも状況でも自分は願いを叶えて良い」
と自分に許可を与えるだけで良いのです。

そうすれば、面白いほど願いが叶っていくようになります。
「願望実現の条件」がなくなるので、何をしていようが願いが叶うようになります。
願いが浮かぶ間もなく叶っていく、つまり、何もかもがうまくいくようになるでしょう。
復縁や夫婦関係の修復・改善、収入のアップなども自然に手に入れることができるようになれるでしょう。

というわけで、たった今から、
「私は無条件で願いを叶えて良い。
 なぜなら、願いは既に叶っていて、
 どんな私であってもその実現を受け取って良いから」
と自分に言い聞かせながら過ごすようにしてください。

無条件で願いを叶えてOK!

このフレーズでアファメーションを行っても良いです。
でも、そこまでしなくても、ふと思いついた時にこの「真実」を思い出すようにしてみてください。

そうしていくうちに、願いを叶えるのに何の条件も許可もいらないことが腑に落ちるようになります。
そして、あなたの願いは形になってあなたの目の前に現れてくるでしょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、今回の記事はいかがでしたでしょうか?

このブログでは、僕の学んだこと教わったことの提供だけでなく、あなたからの質問や意見などにも答える形で進めていきたいと思っています。

何かご質問やご意見など出てきましたら、ぜひ質問フォームから送ってくださいね。
たくさんのご質問、ご意見、お待ちしています!

無料メールマガジン配信中!
ブログ記事の追加解説や復縁、収入アップを叶える新情報を毎日メルマガで配信しています。
登録はこちらから。

米田 秀穂 (よねだ ひでほ)願望実現の達人にあなたを変える メールマガジン - リザスト願望実現の達人にあなたを変える メールマガジン 

 

YouTubeで質問への回答動画を配信中!
ブログやメルマガの読者からいただいた質問に回答している動画を無料配信しています。
ご覧いただければあなたの疑問を解決できると思います。
チャンネル登録はこちらから。

--------

マンツーマンのセミナーやセラピー、コンサルティングなどで、復縁、夫婦関係修復、修復などあなたの願いを強力にサポートさせていただいています。

興味のある方はアイコンをクリックして詳しい内容をご覧ください。
問題解決の具体的な方法なども公開しています。

願望実現の原理原則がわかり最短で願いを叶えられるようになるマンツーマンセミナー開催中!

☆サービス一覧とご予約はこちらからご希望の日程をお選びください。

お問い合わせはこちらから

投稿者プロフィール

アバター
米田秀穂:願望実現の達人にあなたを変えるコンサルタント
復縁、夫婦関係の改善、また、収入のアップなど努力しているのに願いを叶えられないでいる方の願望実現をサポート。認知科学の理論や古今東西の願望実現法の理論、方法などを事例を交えてわかりやすく解説。また、ヒプノセラピーなどの心理ワークなども必要に応じて実施。その人の自分や世界などへの認識を変え、願望が実現できる存在へとシフトさせる、あるいは、願望が実現できる存在にシフトできるように導いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA