願望実現法を続けられない人が簡単に願いを叶えるには?

願いを叶えたいけど実現法が続かない時は?

最近、太極拳と筋肉トレーニングを再開しました。

三ヵ月ほど関わった仕事がけっこうな肉体労働で、
「あれ、僕って体力なくなってるなあ」
と思ったからです。

でも、再開してみると、体力が落ちていたとはいえ、同じことを行っても前よりかなりキツク感じました。
やはり「継続は力なり」だったようです。

久々のトレーニングはキツイ……。

さて、「継続」ということでいうと
「アファメーションやイメージングなどを
 続けられるようになるにはどうすれば良いのですか?」
という質問をいただくことがあります。

願いを叶えるために始めたアファメーションやイメージング。
なのに、全然続かない、続けられない。
これじゃあ、願いが叶えられない。

こんな風に悩まれるわけです。

もしかして、あなたも同じように悩んでいませんか?

では、このような場合、どうすれば良いのでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

すべての人が自己実現できる社会の創造を目指す
願望実現カウンセラーの米田秀穂です。

願いを叶えるために願望実現法を始めたのに、仕事などのせいで続かない、あるいは、続けられない。
今すぐにでも願いを叶えたいのに、こんな有様じゃあ叶わないわ。
どうしたら続けられるようになるんだろう?

がんばっているのに続かない、続けることができない!

こんな時、実は悩むことなんてありません。
続かなければ、そして、今行っていることが辛いなら、そんなものをスッパリやあめてしまって良いのです。

実際のところ、願いを叶えるためにやることなど、何一つないんです。

ただ「これだけは行ってください」ということはあります。

そこで今回は、その「これだけは行ってください」ということをお伝えしようと思います。

この話を聞けば、あなたも「願望実現法を無理に続ける」という「苦行」から、今後一切解放されることになるでしょう。

そして、それ反対に、楽々と、望んでいるものか、もしくは、それ以上のものをどんどん手に入れられるようになりますよ。

恋愛、復縁、夫婦関係の修復や収入のアップなど、望んだことが現実に形になって起こるようになるでしょう。

大事なのは「叶っている」という認識になること

さて、それでは、「これだけは行ってください」ということはどんなことでしょうか?

それは、
無理に続けようとするのはやめて、
「既に叶っているんだ」
という「真理」を思い出し続ける、
ということです。

大事なのは「既に叶っているんだ!」いう認識であること。

僕自身、「願いは既に叶っている」ことを理解し、
「そんなこと常識だ」
と思えるようになるまでは、願いを叶えるために様々なことを行っていました。

アファメーションやイメージングを寝る前や寝起きに行ったり、何十回と「幸せだ」とか「ありがとう」などと呟いたり。

ですが、これらのことを熱心に行っても、結果としては、願いは叶ったり叶わなかったり。
やがて、疲れ果てて、行っていた「願望実現法」も続けられなくなっていったんですね。

そんな僕でしたが、「既に願いは叶っている」ことを教わり、常にそのことを行うようになってからは、人生がコロッと変わっていきました。

まず、小さな願いがどんどん叶うようになっていったんですね。
そして、そんなことが続くうちに「この願い、叶えたい」と思ったいた願いも次々と叶うようになったんです。

そして、最後には、叶えたいと思う願いがないほど、人生がスムーズに進むようになったんですね。

あなたの「在り方」を変えて願いを叶えよう!。

でも、
「『既に叶っている』と思い出し続けるって、
どうすれば良いの?」
と思いますよね。

それには、まず
「なぜ『願いは既に叶っている』といえるのか」
という理屈を知らなければなりません。

で、その理屈なんですが、実は三つもあるんです。

まず、一つ目の理屈としては、
「時間」は「今この瞬間」しかないから
という理屈が挙げられます。

実は、「時間」とは、実際の話、「今この瞬間」しかないんです。
詳しい解説は省きますが、過去も未来も実際にはありません。
体感できる時間は「ただ今」しかないんですね。

そうすると、願いが叶うのは「今」しかないということになります。
つまり、「願いは既に叶っている」ということになるんですね。

さて、そこで次の理屈ですが、その理由とは
この世界はあなたが創っているから
という理屈です。

ご存知だと思いますが
「あなたの世界」
はあなたの思いが反映されて生まれたものです。

ということは、
「あなたの思い(=願い)がすべて叶っている世界」
だということです。

ということは、あなたの世界では、あなたの願いは既に叶っているということになるんですね。

そして、最後、三つ目の理由ですが、
その理屈とはあなたが世界そのものだから
というものです。

これも今は詳しい説明は省略しますが、
僕たちは「世界そのもの=世界に存在するすべてのもの」なんですよね。
そして、この「世界」には、僕たちが「欲しい、なりたい」と望むものも当然含まれています。

ということは、最初から「私=世界=望むもの」、つまり、僕たち自身が「望むものそのもの」であるので、願いは既に叶っていることになるんですね。

さて、以上の三つの理由で「願いは実は既に叶っている」ということを説明させていただきました。

あとは、この三つの理屈のうちどれか一つ、あるいは、すべての理屈を理解し、時折思いだせば良いだけなんです。

「理屈」を思い出して「既に叶っている」を思い出そう!

というわけで、願望実現法が続けられないのであれば、
無理に続けようとするのはやめて、
「私の願いは既に叶っているんだ」
という「真理」を思い出し続けてください。

そうすあなたも「願望実現法を無理に続ける」という「苦行」から、今後一切解放されることになるでしょう。

そして、それ反対に、楽々と、望んでいるものか、もしくは、それ以上のものをどんどん手に入れられるようになりますよ。

恋愛、復縁、夫婦関係の修復や収入のアップなど、望んだことが現実に形になって起こるようになるでしょう。

では、実際にはまず何から始めれば良いのでしょうか?

それは
「願いは既に叶っているんだ」
という「真理」を「採用」することです。

理由はなんだってかまいません。
自分が「なるほど、そういうことか!」と納得できればそれでOKです。

後は、何かあるたびに
「そうそう、私の願いってすべて既に叶っているんだっけ」
と思い出すだけです。

これで願いがどんどん叶っていきますよ。

投稿者プロフィール

アバター
米田秀穂:願望実現の達人にあなたを変えるコンサルタント
復縁、夫婦関係の改善、また、収入のアップなど努力しているのに願いを叶えられないでいる方の願望実現をサポート。認知科学の理論や古今東西の願望実現法の理論、方法などを事例を交えてわかりやすく解説。また、ヒプノセラピーなどの心理ワークなども必要に応じて実施。その人の自分や世界などへの認識を変え、願望が実現できる存在へとシフトさせる、あるいは、願望が実現できる存在にシフトできるように導いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA