■「かまってちゃん旦那」の対処はコレ!でも、その前に……。

「かまってちゃん旦那」って知っていますか?

「かまってちゃん旦那」って知っていますか?

自分を認めさせたい、注目を浴びたい、褒められたいために、何かと妻にちょっかいを出してくる夫のことです。

たとえば、昔の彼女の話をしたり、今もモテモテだとアピールしたり。

あなたが腹を立てたなら「こんなことで怒るなよ」と逆ギレする。

あなたを追い詰める「かまってちゃん旦那」

しかも、会社の同僚や友達には
「妻がヒスって大変なんだ」
と善人の顔をして被害者のように振る舞う。

これが「かまってちゃん旦那」。

こんな夫と一緒では、奥さんは身も心もボロボロになってしまいます。

で、実際に、「かまってちゃん旦那」に困るDさんから相談を受けました。

Dさんは結婚生活3年目を迎える主婦。
そのDさんの夫が「かまってちゃん旦那」だったんです。

で、Dさんの相談がこちら。

夫がいつも過去の彼女の話や、かわいい女性にアプローチした話などを私にしてきます。

そのたび傷ついて、夫が気持ち悪い人間に思えます。

毎回喧嘩になりますが、私が悪い事にされ、逆切れされてしまいます。

この間は、退職する若い女性の同僚と2人で一緒に帰りながら話をした、と嬉しそうに自慢されました。

浮かれてるという表現がピッタリな話し方で、舞い上がっている感じでした。

聞いた時は我慢してたのですが、今もすごく腹が立っててどうにかなりそうです。

夫はいつもは大人しく良い人ぶっていて、自分を誠実な人間だと思い込んでいます。

そして、それを周りの人にもアピールしています。

人に会うたびに、妻が怒りっぽくて喧嘩ばっかりだと被害者面して言いまわっています。
人の気をひくことが大好きみたいです。

喧嘩も疲れる、でも我慢も疲れる。

夫を変える方法ってありますか?

離婚推奨、でもまだ我慢できるならこの方法が。

Dさんからの相談は以上のようなものでした。

で、そんなDさんの相談に、僕は次のように答えました。

まず、僕は我慢の限界を超えているのなら、離婚することを提案しました。

「夫が変わるまで待つ」なんてやっていては、Dさんが壊れてしまいますからね。

でも、Dさんはまだ離婚までは考えていなかったので、次の方法を提案しました。

その方法とは、
「夫に愛されている私」
へと、Dさんの立ち位置を変えること
です。

「かまってちゃん旦那」を知れば対応もわかる。

実は、ほとんどの「かまってちゃん旦那」は強い劣等感を持っているんです。

で、劣等感が強い人というのは「認められたい、注目を浴びたい」という思いが人一倍強いんですね。

「かまってちゃん旦那」は劣等感が強い

ですので、妻の気を引こうとしたり、妻を悪者にして周りの人の関心を引こうとするわけです。

このような夫は、無視すれば逆ギレして、ますます妻に嫌がらせをするようになります。

逆に、夫を褒めたり持ち上げたりしても、調子に乗って同じことをやり続けると思われます。

では、どうすれば良いのかと言うと、
夫を直接変えようとせず、
「夫に熱烈に愛されている私」
とあなたが自分のレッテルを貼り替えること
がお勧めなんですね。

愛情のお試し行為から夫を抜け出させませんか?

実際のところ、嫌がらせをすることで、Dさんの夫はDさんの愛情を試している、とも見受けられました。

愛情を確かめようと非行に走る「試し行為」を行っているように思えたんですね。

ですので、Dさんには
「夫に強烈に愛されている私」
という立場に立っていただくことを勧めたんです。

なぜなら、そうすることによって、

1 夫の行動が気にならなくなる。

夫の行動が「愛情表現」だと思えるようになるので、安心し幸せでいられるようになる。

2 夫を嫌いではなくなる。

「試し行為」はやられた側にとってはとても嫌なものです。
ですが、それが「愛情表現」だと思えれば、少なくとも相手を憎むことはなくなります。

3 Dさん自身が勝手に幸せになれる。

「夫に強烈に愛されている私」になれば、何をされても「ああ、私って愛されているんだ」と幸せな気持ちでいられるようになるから。

過去を消してしまえば願望実現も幸せもすべてOK。

愛される私になって「かまってちゃん旦那」を変えていこう。

というわけで、
離婚しにくい状況であれば、
Dさんには今しばらく夫を直接変えようとせず、
「夫に熱烈に愛されている私」
とあなたが自分のレッテルを貼り替えて過ごすこと
をお勧めしました。

さて、それから3週間後のことですが、Dさんから

試し行為がだいぶ収まりました。
行為自体も腹が立つようなことでもなくなりました。
周りの人に私を悪く言うことも今はほとんどありません。
まだまだこれからどうなるかわかりませんが、この先、夫婦がもっと仲良くなれたら良いと思っています。
ありがとうございました。

というメッセージをいただきました。
良い結果が得られたようで、僕も本当に嬉しいです。

愛されたいから嫌がらせをしてしまう。
そして、その結果、愛されたい人達から見捨てられる。
そう考えると、「かまってちゃん旦那」も案外かわいそうな存在かもしれません。

でも、だからといって、奥さんは周りの人を不快にさせても良いことにはなりません。

Dさんには、この先もますます穏やかで幸せな毎日を過ごしていけるよう心からお祈りしています。

--------

さて、今回はコンサルティングの事例紹介でしたが、いただいた質問にはブログやメルマガで答えさせていただきます。

あなたも何か質問したいことがあればぜひお寄せ下さいね!(^^)。
ご質問などはこちらからお寄せください。

米田 秀穂 (よねだ ひでほ)お問い合わせフォーム - リザストお問い合わせフォーム 

--------

復縁、夫婦関係修復、修復など
あなたの願いを強力にサポートさせていただきます。

マンツーマンセミナー開催中!

☆サービス一覧とご予約はこちらからご希望の日程をお選びください。

お問い合わせはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA