子どもの望まない態度を変えるのに叱るよりも大事なポイント。

やる気のない子どもに豊かな人生を歩ませたい。

朝のちょっと早い時間に、マンションのゴミ捨て場までゴミを捨てに行きました。

と、そんな僕の横を学校に向かう小学生や中学生の子どもたちが過ぎ去っていく。

マンションの敷地内だからと、Tシャツに短パンといったラフな姿だったので、ちょっと恥ずかしかったです。

それはさておき、授業のやり方などを変えながらも、大阪では小中学校や高校などの授業が再開されました。

笑顔で通学していく子どもたちに
「あの子らにとって学校が楽しい場所で良かったなあ」
と思いました。

元気に登校する子どもたちです。

このように、子どもが幸せだとお母さん、お父さんも幸せでしょう。

でも、子どものことで悩みを抱えるお母さん、お父さんもたくさんいらっしゃいます。

子どもが勉強するのを嫌がって宿題すらしない。
他に何かやりたいことがあるのかと思えば、ゲーム三昧で、しかも、たくさんのお金を課金している。
将来の目標もなくただダラダラ生きているだけ。

そんな風に自分の子どもを評価して、
「これじゃあ、この先、どうにもならない。
子どもだけじゃなく、私たちも終わってしまう」
とため息をついている親御さんも多いようです。

でもね、実を言えば、ご両親が悩むのと同様の悩みをお子さんも抱えているんですよね。

では、どうすればお子さんが何かに情熱を燃やして打ち込むようになったり、そこまでいかなくても、行動的になって自立できるようになるのでしょうか?

こんにちは、
”引き寄せ界の池上彰”こと
あなたを願望実現の達人に変える
コンサルタント、米田秀穂です。

特に理由が見当たらず、勉強に意欲を持てない、といって、他にも何もしない、ただただネットのゲームやSNSののめり込んでいるだけ、という人間がいます。

身内で「なんとかしてあげたい」という人間なら、かなり気になる存在ですよね。

そして、そんな存在が自分の子どもなら、見過ごすことなどできないでしょう。

でも、叱っても宥めすかしても、態度も行動も変わらない。
何を言っても馬耳東風。それどころか、暴力をふるわれる。

こんな場合、どうすれば、この子どもが良い方向に変わってくれるのでしょうか?

実は、このような場合でも、お母さん、お父さんが子どもへの認識を変えれば、子どもが急激に良い方向に成長していくことがあるんです。

このことがわかれば、叱ったり尻を叩いたり、あるいは宥めすかしたりしなくても、お子さんが自主的に勉強したりお手伝いをしたりするようになります。

勉強でなくても、何かに興味を持ち、そのことに一生懸命打ち込むようになったりします。

やる気と元気に満ち溢れた子どもに、あなたのお子さんを変えることができますから。

子どもも両親も幸せいっぱいの親子になりました。

子どもの素晴らしさを認めることがカギ

では、お子さんを変えるためには、お子さんへの意識をどう変えれば良いのでしょうか?

実はこのような場合、お子さんへの認識を
「私の子どもは素晴らしい存在だ」
と変えて「今、私には何も問題はない」
として過ごすこと
です。

子どもを素晴らしいと、まずは認めよう。

何度も書いていますが、この現実は、あなたの内面が反映された世界です。

あなたの目に映る子どもの姿も、あなたの子どもに対する無意識の評価、認識が形になったものです。

あなたが「この子はダメだ」と評価すれば、お子さんは「ダメな存在」としてあなたの前に存在します。

また、あなたが
「私は子どものことで問題を抱えている」
と認識していれば、あなたはいつもお子さんのことで問題を抱えることになるのです。

ですから、お子さんがらみの悩みを解決するには、お子さんを素晴らしい存在とし、あなたが何も問題を抱えていない、と意識を変えれば良いのです。

そうすれば、子どもは自然に変わっていくんです。

実際のところ、なぜ認識を変えればお子さんが良い方向に成長していくのかといえば、

1 そもそもお子さん自身には最初から何も問題はない。

2 親の認識のせいで「問題アリ」とされているだけ。

3 親が「GOOD」のレッテルを貼り直せばその通りに子どもは変わっていく。

という認識の変化による現象化が起こるだけの話なんです。

子どもも親も素晴らしい存在だと気づいていこう。

というわけで、
お子さんをやる気と元気に満ち溢れた存在に変えたいのなら、
「私の子どもは素晴らしい存在だ」
と変えて「今、私には何も問題はない」
として過ごしてみてください。

そうすれば、叱ったり尻を叩いたり、あるいは宥めすかしたりしなくても、お子さんが自主的に勉強したりお手伝いをしたりするようになります。

勉強でなくても、何かに興味を持ち、そのことに一生懸命打ち込むようになったりします。

やる気と元気に満ち溢れた子どもに、あなたのお子さんを変えることができますから。

実際に行うこととしては、
「私の子どもは素晴らしい存在だ」
「私は完璧で問題など何もない」
とあなた自身に語り掛けながら毎日を過ごしてください。

そうすれば、あなたが何もしなくてもお子さんはどんどん成長していきますから。

コンサルへの誘い

とはいうものの、いきなりお子さんを手放しで信頼するのも、過去や記憶に囚われているとなかなか難しいかも
しれません。

また、現実がなかなか変化しない場合、この方法への信頼が薄れて根負けすることもあるでしょう。

そんな時、あなたがもし
「どうしても今のままでは嫌だ、変わりたい」
と思うのなら、体験コンサルティングをおススメします。

体験コンサルティングでは、あなたにあった願望実現の方法をお教えしています。

体験コンサルティングに興味のある方は
この画像をクリックしてください。

 

 

 

また、記事の内容などに質問がある方は、こちらから
お問い合わせをお願いします。

米田 秀穂 (よねだ ひでほ)お問い合わせフォーム - リザストお問い合わせフォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA