コロナ禍で仕事を失ったら何をすべきか?

コロナのせいで仕事を失ったらどうすれば良い?

コロナを恐れ過ぎて、あなたは感染予防に必要以上の行動をとっていませんか?

たしかに、コロナに感染するのは恐ろしいです。
コロナによる新型肺炎には、今のところ、治療法も治療薬も、ありませんからね。
でも不安になり過ぎてもいけません。
なぜなら……。

不安は大きくしないこと。でないと……。

こんにちは、
”引き寄せ界の池上彰”こと
あなたを願望実現の達人に変える
コンサルタント、米田秀穂です。

感染予防の対策はやればやるほど良いです。
手洗いにうがい、3密を避けるなど、今のご時世、当たり前になっていますものね。

ですが、だからといって、不安から行動を起こすと、思ってもみないトラブルを引き起こすことがあります。

そんなトラブルを引き起こしてしまった主婦のOさんから、質問をいただきました。

Oさん、質問を寄せていただき、ありがとうございます。

さて、そのいただいた質問がこれです。

派遣社員だったのですが打ち切られてしまいました。

権利を主張しすぎたのかもしれません。

子どもを保育園に入れていたのですが、コロナの感染が怖くなり、4月いっぱい有給をもらって休もうとしたんです。

そうしたところ、派遣先の会社から派遣会社にクレームを入れられました。

その結果、派遣会社から叱られて、更新されるはずだったはずの派遣を打ち切られてしまいました。

その後、次の派遣先が決まりません。

以前から正社員を希望しているのですが、子供も小さいし、この時期ですし、しばらくは無理でしょうか?

家計にも不安を感じていて。何とか採用されたいのですが、こんな願いを私でも叶えられるでしょか?

さて、ではこのOさんの質問にさっそく答えさせていただきますね。

まず、もうおわかりかと思いますが、
Oさんがこのようなトラブルに
見舞われたのは、
不安に囚われ振り回されたから
です。

たしかにコロナの感染、しかも、お子さんが感染しないかと思うと、不安になってしまうでしょう。

ですが、Oさんの場合それが行き過ぎて、Oさんが「不安で仕方ない私」という存在になってしまたんです。

そして「不安な私」として、自分の手で「不安な現実」を生み出しているんです。

これこそ「願望のマイナス実現」の典型的なパターンです。

そこで僕の答えですが、
今やらないといけないことを
一生懸命行う

ということを行ってください。

目の前のことに集中すれば願いは叶っていく。

目の前のことを集中して行っていれば、不安を感じる時間がなくなります。
そうすることで自然と「不安な私」から抜け出すことができます。
そうなれば、不安な出来事を生み出さなくなるので、状況は良くなっていくでしょう。

また、一生懸命な姿は周りの人の好感を買い、周りに人から大事にされるようになります。

Oさんも一生懸命に目の前のことに打ち込んでいれば、周りの人から応援や協力をしてもらえるようになります。

そして最後には、その応援や協力のおかげで、O望む未来を手に入れられるようになるでしょう。

Oさんに都合の良い会社や採用されたり、得意なことを仕事にできたりするようになれると思います。

ご質問、お待ちしています。

さて、このように応えさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか、Oさん?

ぜひ、目の前のことに一生懸命に取り組んで、不安を蹴散らしてください。

そうすれば、必ず「正しい願望実現」が起こってきますからね。

さて、このようにいただいた質問にはブログやメルマガで答えさせていただきます。

あなたも何か質問したいことがあればぜひお寄せ下さいね!(^^)。
ご質問などはこちらからお寄せください。

米田 秀穂 (よねだ ひでほ)お問い合わせフォーム - リザスト米田 秀穂 (よねだ ひでほ)お問い合わせフォーム – リザスト 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA