■「ガキ夫」に謝らせたいなら叱らないのがコツ!あなたの気持ちを伝えましょう(^^)。

謝れない夫は「ガキ夫」。
つまり子どもです。

子どもはホメられると喜びます。
そして、その後で指示を与えられると
喜んで従います。

だから、夫を謝らせるには……。

愛され・自立・謝罪する夫、冷たい妻

こんにちは!

「ダメ妻暗示」を解いて、
夫を「妻ラブ」に変える
セラピスト、米田秀穂です。

公式サイトはこちら!

夫は自分が間違ったことをしても
私に謝ろうとしません。

わたしが「謝ってよ」と言っても、
無視するし、反対に
「しつこい女だな!」と逆ギレします。

こんな夫を謝らせる良い方法は
ないでしょうか?

愛され・自立・DVモラハラ

家事に育児にこんなに
がんばっているのに。
私だって疲れているのに。

だから、きちんとして欲しい。
お願いしたことはちゃんとして欲しい。

なのに、間違ったことをしても
謝らない。それどころか、
逆ギレする。

少しは私の気持ちをわかってよ。
こんなに辛いのに悲しいのに……。

愛され・自立・怯える妻、奥さん

あなたはきっと、こんな風に
傷つき悲しんでいるんでしょうね。

さて、「謝らない夫」に謝らせるには
どうすれば良いのでしょうか?

こんな時、実は、
謝らせようとせず、
ホメるところから始めるのがコツ

なんですよね。

こう書くと
「え~! そんなことしたら
 よけい調子に乗らせるだけ
 じゃないの!」
と、びっくりしたかもしれませんね。

もちろん、間違ったことを
ホメるのではありません。
旦那さんが行動してくれたことに
感謝するんです。

「○○してくれたのね、ありがとう。
 ただ、○○だったんで、ちょっと
 びっくりしたし悲しかったんだよ。
 次は××してくれるともっと嬉しいな」

愛され・自立・夫婦の会話

こんな具合に、
旦那さんをいったんホメて、
次にあなたの気持ちと
本当にして欲しかったことを
伝える
んです。

謝れない夫は「ガキ夫」。
つまり子どもです。

子どもはホメられると喜びます。
そして、その後で指示を与えられると
喜んで従います。

愛され・自立・笑顔の子ども

ガキ夫に謝らせるのも同じ理屈。

ただ、この時に、旦那さんから
謝罪の言葉がなかったとしても、
無理やり謝罪を求めてはいけません。

旦那さんが反省し始めたところに
謝罪を求めると、「男のプライド」が
顔を出してきて、逆ギレを招きます
から。

あなたが本当に欲しいのは、
あなたの気持ちを夫にわかってもらい
夫が行動や態度を改めてくれる
ことのはず。

「ごめんなさい」を求めすぎて、
本当に手に入れたいものを逃すのは
得策ではありませんからね。

ただし、あまり言いたくは
ありませんが、
これは単なるテクニックです。

ですから、お互いの気持ちが
納まったら、お互いの気持ちを
理解するようじっくり話し合うことを
おススメします(^^)。

あなたの幸せを心から祈ってます(^^)。


ブログ記事の詳しい解説や
ブログに書けない話を書いている
メルマガはこちら(笑)!

★パソコンからの登録はここをクリック!

★携帯からの登録はここをクリック!


★浮気・不倫・夫婦関係改善
 カウンセリング・ヒプノセラピー
 マイリバース

 営業時間10時~20時
 年中無休
 お問合せなどはここをクリック!
 電話で直接話したい方は
 090-1673-5677へ。

 ★トップページへ  ★セラピー
 ★セミナー ★相談者のご感想
 ★プロフィール  ★メルマガ
 ★問い合わせ


公式サイト http://www.1myrebirth.com/
公式ブログ
 http://otonajosikaiun.upper.jp/
アメブロ  http://ameblo.jp/myrebirth
Facebookファンページ
 http://on.fb.me/9bL1PB
Facebook
 http://www.facebook.com/hideho.yoneda/

※Facebookへお友達リクエストを
 くださる場合は、一言メッセージを
 お寄せください。
 メッセージをいただいた方、
 セラピーやセミナーなどで
 お目にかかった方のみ”お友達”に
 させていただいております。
 それ以外の方は、フィード購読を
 お願いいたします。

あ、実は携帯メルマガはじめました!
ハッピー暗示で才能・魅力をラクラク開花!
空メール登録はこちらから

ヒプノセラピー【心クリーニング】のマイリバース
大阪府 大阪市 天王寺区 筆ヶ崎町2番50-323号
(各線鶴橋駅下車徒歩約10分)
場所はこちら ⇒ マイリバースへの地図
オープン時間:10:00~20:00・不定無休
お問合せ・お申込:090-1673-5677
(米田が直接お話を伺います)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA