■夫の浮気相手が憎い、忘れられない!相手の女性を忘れるベストな方法とは?

こんにちは!
カウンセラーの米田秀穂です。
公式サイトはこちら!

昨日、講演会に参加してきました。

糸脱毛イベント、影山貴彦教授を招いて【大阪市中央公会堂11月12日(水)】|糸脱毛【顔脱毛】のスクール本部~♪高橋智栄☆糸脱毛イベント、影山貴彦教授を招いて【大阪市中央公会堂11月12日(水)】|糸脱毛【顔脱毛】のスクール本部~♪高橋智栄☆

講師の影山先生はとても話し上手で、
僕も「こんな風に話せるようになろう」
と思いました。

でも、昔は自分よりレベルが高いと
思えた人には、対抗意識を燃やして
いました(^^;。

「オレの方がうまいのに!
 あいつなんてそんなに
上手じゃないのに!」
なんて、その人の事をず~っと気にして
いました。

こんな経験があるので、
夫の浮気相手がどうしても気になる
という奥さんの気持ちも
よくわかるつもりです(^^;。

夫の浮気相手がどうしても
気になります。

思い出すたびに腹が立ちます。
あんな女に負けたかと思うと、
とても悔しいです。

でも、こんな気持ちでいる自分も
嫌です。

どうしたら相手を忘れられるで
しょうか?

こんな場合、一番良い方法は、

あなたが相手よりもレベルが高いと思う

ことです。

夫の不倫相手に
怒りや憎しみ、劣等感を抱くのは、
その女性を「認めている」からです。

人間って、相手を自分と同じレベルか
それ以上と感じてしまうと、どうしても
その人を気にしてしまうんですよね。

ですから、不倫相手が気にならなく
するためには、

自分のセルフイメージ高めて自信を持つ

ことが大事です。

そうすることで、自分が高みに立てて、
相手が気にならなくなりますから。

では、どうすれば自信が持てるかですが、
一言で言えば、自分の良さを信じること、
につきます。

そこでお勧めするのが、

あなたの長所や得意な事を紙に書き出す

こと。

そして、その一つ一つを読み上げて、
「私ってこんなに良い点があるんだ」
と自分をホメてあげましょう。

そうすれば、どんどん自信が湧いて
きますからね(^^)。

ただ、昔や今、周りの人から
「お前なんてダメなヤツだ」なんて
言われ続けている人は、
ちょっと大変かもしれません。

なぜなら、「私なんてダメなヤツ」暗示が
入っていて、プラスのセルフイメージが
心の中に入っていかない場合があります
から。

でも、そんな人も大丈夫。

心をクリーニングしてマイナス暗示を
取り除くと、そんな人でも思った以上に
早く、自信を取り戻すことができますから。

セルフイメージを高めて、
自分に自信を取り戻す。

浮気相手が気にならなくなる方法は
これに尽きますね(^^)。

あなたの幸せを心から祈ってます(^^)。


ブログ記事の詳しい解説や
ブログに書けない話を書いている
メルマガはこちら(笑)!

★パソコンからの登録はここをクリック!

★携帯からの登録はここをクリック!

あなたの幸せを心から祈ってます(^^)。


★浮気・不倫・夫婦関係改善
 カウンセリング・ヒプノセラピー
 マイリバース

 営業時間10時~20時
 年中無休
 お問合せ:090-1673-5677

 ★トップページへ  ★カウンセリング  ★セラピー  ★セミナー
 ★相談者のご感想  ★プロフィール  ★メルマガ  ★問い合わせ


公式サイト http://www.1myrebirth.com/
公式ブログ http://otonajosikaiun.upper.jp/
アメブロ  http://ameblo.jp/myrebirth
Facebookファンページ http://on.fb.me/9bL1PB
Facebook
 http://www.facebook.com/hideho.yoneda/

※Facebookへお友達リクエストをくださる場合は、
 一言メッセージをお寄せください。
 メッセージをいただいた方、セラピーやセミナーなどで
 お目にかかった方のみ”お友達”にさせていただいております。
 それ以外の方は、フィード購読をお願いいたします。

あ、実は携帯メルマガはじめました!
ハッピー暗示で才能・魅力をラクラク開花!
空メール登録はこちらから

ヒプノセラピー【心クリーニング】のマイリバース
大阪府 大阪市 天王寺区 筆ヶ崎町2番50-323号
(各線鶴橋駅下車徒歩約10分)
場所はこちら ⇒ マイリバースへの地図
オープン時間:10:00~20:00・不定無休
お問合せ・お申込:090-1673-5677
(米田が直接お話を伺います)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA