願望を実現するには本能に逆らうこと。行き詰まりを打ち破る方法とは?

★行き詰まりを感じたら今までの行動を捨てよう。

こんにちは、
お客様、売上を増やす、婚活、復縁を実らせるなど、
抱いた願望をたった今実現できるあなたに変える
コンサルタントの米田秀穂です。

 

明日から11月。
新しい月を迎えるにあたり
仕事部屋を整理しました。

 

机の上のレイアウトも変更です。

 

パソコンやネットがより楽に使えるようになりました。

 

今年は公私ともにちょっとしたトラブルに
巻き込まれたり、地震や台風の被害を受けたり、
体調も崩すなど災難続きでした。

 

そこで、この2カ月でまき直しを図りたいとの
思いを込めて、部屋を片付けたんです。

 

物事が停滞した時には
思い切って環境や行動を変えるのが
一番なんですよね。

 

さて、今の話はビジネスにも当てはまります。

 

お客様や売上が減ると
ほとんどの人が今まで行ってきたノウハウを
より一層頑張った行おうとします。

 

たとえば、ブログで商品やサービスの紹介を
前よりもたくさん行うとか、
ブログやメルマガの配信回数を増やすとか。

 

今ま以上に尽くすことで
去って行こうとするパートナーを
引き留めようとするのに似ていますよね。

 

そう言えば、今まさに相手にプロポーズを
求めている方や復縁を願う方は、
このようなことを行っているのでは
ないでしょうか?

 

ハッキリ言って、
このようなことをしては逆効果です。
お客様やパートナーを呼び戻すどころか、
よけいに遠ざけてしまいます。

 

ですから、今思うような結果が得られて
いないのなら、これまで行ってきたことは
キッパリとやめてください。

 

★過去の成功事例は未来では役立たない。

では、なぜキッパリとやめるのが
良いのでしょうか?

 

その理由は簡単です。

 

現在の状況は過去に行ったことの結果だからです。

 

たしかに、これまではあなたが使ってきた
ノウハウは効果を発揮してきたかもしれません。

 

あなたが相手に尽くせば尽くすほど
相手もあなたに愛を注いでくれたかもしれません。

 

ですが、今、お客様や売上が減ったり、
相手が去っていこうとしているのなら、
過去のノウハウや行動は役に立っていない

ということです。

 

そんな役に立たないノウハウや行動を
これまで以上に頑張って行っても
良い結果につながりません。

 

それどころか、状況は悪化するばかりです。

 

では、こんな場合、どのようにすれば良いのでしょうか?

 

それもすこぶる簡単です。
新しいノウハウを試したり
今まで行ってきたことの逆を行えば良いのです。

 

なぜなら、今まで行ってきたことで
望む結果が出ないのなら、
その行動をやめるかその逆を行えば
望む結果が出ることになるからです。

 

★変化こそが生き残る道。失敗しても大丈夫。

「でも、これまでやってきたことを捨てて
新しいことをやっても失敗したらどうするの?」
と思われた方もいるでしょう。

 

そんな方は安心してください。

 

新しいことを行って失敗したとしても、
何もしないでいれば状況はますます悪く
なっていくだけですから。

 

まあ、実際のところ、生き物の生存本能から
人間も含めて生き物のすべてが変化を嫌います。

 

けれども、地球の長い歴史を見ればわかるとおり、
変化したものだけが生き残っています。

 

ですので、生き残りたいなら、つまり、
望みを叶えていきたいなら、
あなたも変化を受け入れる必要があるのです。

 

というわけで、

うまくいかなくなった時には
これまでのやり方を改めてみましょう。

 

場合によっては、そのやり方を捨てて
新しいやり方や今までと真逆の方法を
行ってください。

 

そうすれば、思いがけないくらい、
望んでいた結果を得られるようになります。

 

お客様が劇的に増えたり、
パートナーがあなたの元に戻ってきたり
するようになるでしょう。

 

さて、あなたも今までのノウハウをこのまま
続けていくのでしょうか?
それとも新しい方向へステップアップを
目指しますか?

 

あなたがもしステップアップを目指しているなら、
僕が配信している無料メールマガジンへの登録を
おススメします。

 

メルマガでは願望実現の達人にあなたを変える
ヒントや方法をお伝えしています。

 

興味がある方はご登録くださいね。
なお、携帯、スマートフォンから登録される場合は、
gmail.comからのメールを許可する設定を
しておいてください。

このアイコン↓をクリックすれば登録ページが開きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA