お客様が減ってしまう。努力しても伸び悩む。こんな時、チェックするポイントとは?

★お金持ちとそうでない人を分けるラベル貼りって?

こんにちは!
あなたの努力を無理なく実らせる
コンサルタント、米田秀穂です。

 

つい先日、お金のマインドブロックを
解放するセラピストさんの相談を受けました。

 

悩みの解決についてはこれから一緒に
取り組むのですが、それとは別に、
この方から面白いお話を伺いました。

 

それは、
お金を見ると
・お金持ちは安心や幸福を感じる
・お金のない人は不安や不足を感じる

そうです。

その感情の持ち方の違いが
お金持ちとそうでない人とを分けるとのこと。

 

人は無意識のうちに周りの人やモノに
いろいろなラベルを貼って
その影響で自分の状況を作っていくんですよね。

 

意識ラベルの貼り方、意識の持ち方には
十分注意をしなければいけないです。

 

で、そんな話を聞いて、
無意識に不足感を抱いてしまい
お客様が激減した事例を思い出したので
紹介します。

 

★販売トップから売れない販売員になったDさん。

某大手化粧品会社の美容部員のDさんは
物凄い努力家でした。

 

会社の行う販売研修にも積極的に参加して
技術を磨き、デパートなどでお客様に
メイクを施しながら商品をどんどん売上ていました。

ところが、ある時、ちょっとした不調で
成績を落としてから、売上が伸び悩むように
なったのです。

 

それまで以上にセールストークや
メイク技術を磨き、一生懸命がんばるのに、
売上が伸びるどころかどんどん下がって
しまうのです。

 

相談を受けた僕は、
Dさんがこれまで続けてきた努力を伺い、
そして、売上をストップさせている原因を
見つけ出しました。

 

そして、その原因を取り除いたのですが、
驚いたことに、そのたった2週間後にDさんは
自分のチームで売上ナンバーワンに
返り咲いたのでした。

 

★Dさんを苦しめていた売上不振の原因とは?

実は、Dさんの売上が伸び悩んだのは、
「私は売上が伸びていないセールスウーマンだ」
というイメージを知らないうちに
自分に張り付けていたから
だったのです。

 

Dさんはその仕事に就いて以来、
順調に売上成績を伸ばしてきました。

 

ところが、ある時、ちょっとしたことがあって、
会社全体の売上が下がったのです。

 

その時にDさん個人の成績も下がったのですが、
それがDさんに
「これまで順調だったのにつまずいてしまった。
今まで以上にがんばらないと成長できないわ」
とネガティブな意識を抱かせてしまったんです。

そのせいで、Dさんは自分に
「がんばらないと成績が伸びない」
「私は成績が悪い販売員だ」
というイメージを抱いてしまったのです。

 

これでは、どんなにがんばっても
売上を伸ばすことはできません。

 

ですので、Dさんの販売成績は伸び悩んで
しまったのです。

 

★不足感を抱けばがんばるほど状況を悪化させる。

お客様や売上を増やそうと考えるのは
「お客様が来ない」や「売上が増えない」
といった意識があるからです。

 

その意識を持ったまま、
お客様や売上を増やそうとすると
「来ない、増えない」という不足感を
あなたの中にどんどん育んでいくことに
なってしまいます。

要するに「お客様、売上に不足している私」
というイメージをあなた自身に強烈に
刷り込んでいることになるわけです。

 

そうなると、あなたは無意識に
「不足している私」を演じてしまい、
がんばってもがんばっても
お客様や売上を増やせない状態から
抜け出せなくなるんですよね。

 

★不足感を取り除きお客様をグングン増やすには?

では、この不足感を取り除くには
どうしたら良いのでしょうか?

 

それは、過去を振り返るのをやめることです。

 

お客様の来店や売上を伸ばしたいなら、
失敗した過去について考えるのはやめてください。

 

なぜなら、失敗を思い出すたびに
不安や恐れを感じ「これではだめだ」と
不足感を感じてしまうからです。

 

ですので、過去を思い出したり
思い出しそうになったら、
深呼吸をして「今現在」に意識を集中
させてください。

 

不安を感じるたびに行っていると、
意識してやらなくても習慣になって、
いつも心穏やかでいられるようになれますよ(^^)。

 

平和と喜びが
あなたと共にありますように!

受け取り力を高めてお金の流れや
仕事を劇的に良くするヒント満載の
の無料メール講座はここをクリック!

★米田秀穂(よねだひでほ)って、どんな人なの?と思った方は、
Facebookで、日々のことを書いています。Facebookのフォロー・
お友達リクエストお待ちしています。
(リクエスト承認は、私の独断と偏見で行いますのでご承知おきください。)
米田秀穂のフェイスブックはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA