集客、売上目標は過去の実績を無視して立てるのが劇的増加のコツ。

★過去に縛られていると命取りに!

こんにちは!
集客力、セールス力をアップさせる「受け取り力」を
3ヵ月で回復させ、お客様、収入を激増させる
受益力回復コンサルタント、米田秀穂です。

 

猛暑が続いていますが、
あなたは元気にお過ごしでしょうか?

 

僕たちの子どもの頃は「暑い」といっても
エアコンなどつけずに過ごせていましたが、
今はそんなことをしていては命取り。

 

「命にかかわる暑さ」と認識を改め
「過去の考え方に縛られていてはいけない!」
と気を引き締めていかないと危険ですね。

 

できるだけ暑さを避けて きょうも40℃に迫る気温 熱中症に厳重警戒(ウェザーマップ) - Yahoo!ニュースできるだけ暑さを避けて きょうも40℃に迫る気温 熱中症に厳重警戒(ウェザーマップ) – Yahoo!ニュース 

 

さて「過去に縛られていると命取り」というのは
ビジネスの世界でも当たり前のように語られています。

 

ですがその場合、ノウハウやシステムの
新旧についてのお話がほとんどのようです。

 

でも、実は、目標を設定する時も
過去の実績に縛られていてはいけない

ということはご存じでしょうか?

 

★人気デザイナーの伸び悩みの原因は「過去」にあり?

Uさんは服飾デザイナー。
本場フランスにも留学して、
今では独立したブランドで
人気を博しています。

 

ですが、毎年、思ったほど
お客様の数も売上も伸びていきません。
もちろん、前の年よりは成長は
していくのですが。

 

さて、Uさんが伸び悩んだ原因は
なんだったのでしょうか?

 

その原因とは、
前年の実績をもとにして
目標を設定していたことです。

 

実は、お客様や売上を劇的に増やしたいなら、
過去の実績や方法を無視して
目標を立てることが大事なんです。

 

★望む未来を得たいならスタート地点を間違うな。

目標は「未来の理想の状況」です。
では、未来はどこから創られているか
と言うと、現在、「たった今」です。

 

ですから、より良い未来を得たいなら、
過去が良くても悪くても、
「たった今からスタートする」という
意識を持たないといけません。

 

その理由は、たった今は「ゼロ地点」、
つまり、偏見も固定観念もない地点だからです。

 

ということは、言い方を変えれば、
ゼロ地点は可能性が満ち溢れた地点、
ということになります。

 

そんなゼロ地点から未来に向かっていけば、
あなたの思った以上にお客様に来ていただいたり
売上を伸ばしたりすることができるのです。

 

逆に「これまでがこうだったから」と
過去の実績から考えて目標を立ててしまうと、
未来への可能性を縛ることになります。

 

どういうことかというと、
過去の考え方ややり方などの影響を受けて
未来を考えてしまう、ということです。

これでは、どんなにがんばっても、
過去を延長線上のこじんまりとした未来しか
描けません。

 

努力を重ねても制限された結果しか
受け取ることができなくなってしまうのです。

 

★ゼロ地点から未来を描こう。

ですので、より良い未来を得たいなら、
過去が良くても悪くても、
「たった今からスタートする」という
意識を持ち、目標を立てないといけません。

 

Uさんも今年の目標は
Uさんのライフスタイルに合わせて
目標とするお客様の数や収入の額を決めました。

 

そうしたところ、6月を終えた頃には
目標を70%以上もクリアしたそうです。

 

「過去」はあくまで「記録・記憶」でしかありません。
参考にするのは良いですが、
あくまでスタートは今現在です。

 

目標を立てる時は、過去はなかったものとして、
今現在からスタートする気持ちで作りましょう。

 

平和と喜びが
あなたと共にありますように!

受け取り力を高めてお金の流れや
仕事を劇的に良くするヒント満載の
の無料メール講座はここをクリック!

★米田秀穂(よねだひでほ)って、どんな人なの?と思った方は、
Facebookで、日々のことを書いています。Facebookのフォロー・
お友達リクエストお待ちしています。
(リクエスト承認は、私の独断と偏見で行いますのでご承知おきください。)
米田秀穂のフェイスブックはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA