お客様はライバルから引き抜かずにファンにして集める。

★ライバルからお客様を引き抜くのはNG!

こんにちは!
集客力、セールス力をアップさせる「受け取り力」を
3ヵ月で回復させ、お客様、収入を激増させる
受益力回復コンサルタント、米田秀穂です。

 

ニュースを観ていたら、
サッカー日本代表として活躍した
乾貴士選手がスペインのラ・リーガ1部の
SDエイバルから同1部のレアル・ベティスへ
移籍したとのこと。

異例 乾が大使館で入団発表 | 2018/7/12(木) 16:56 - Yahoo!ニュース異例 乾が大使館で入団発表 | 2018/7/12(木) 16:56 – Yahoo!ニュース 

新天地での活躍を期待しています。
乾選手、どうぞがんばってくださいね!

 

さて、サッカーや野球では
所属選手の移籍、いわゆる、
引き抜きは日常茶飯事に行われています。

 

これはその世界では認められていること
だから全然、OKなことですよね。

 

では、選手ではなくお客様を引き抜くのは
OKなのでしょうか?

 

結論から言えば、ライバルからお客様を
引き抜こうとしてはいけません。

なぜなら、あなたの元にお客様を
引き寄せようとがんばればがんばるほど、
お客様に敬遠されるか、
お客様を受け入れられなくなりますから。

 

一生懸命行うなら、
あなたに共感するファンを生み出し、
そのファンにお客様になっていただくことを
徹底してください。

 

この方法の方がより短期間で
予想以上にお客様を増やせてしまいますよ(^^)。

 

★「受け取り力」を弱めるのはライバルへの罪悪感!

ではなぜ、ライバルのお客様に
来てもらおうとしてはいけないのでしょうか?

 

その一番の理由は「受け取り力」が弱り
せっかくライバルからお客様が移ってきてくれても
受け入れられなくなるからです。

 

ではなぜ、受け取り力が弱くなるのか?

 

それは、他者に対して沸いた罪悪感のせいです。

ライバルに集まっているお客様を
あなたの元に集めようとする時、
知らず知らずのうちに
「ライバルのお客様を奪う」という意識が
生まれてしまいます。

 

その意識が罪悪感が生み、
「受け取り力」を弱めてしまうので、
お客様を受け入れられなくなるです。

 

★ヒーラーAさんが苦しむことになったのは……。

AさんはW県でヒーリングを行っていました。

お客様に幸せになっていただきたいと、
Aさんは他のヒーラーさんよりも
安い料金でヒーリングを行っていたのです。

 

そうなると、当然、Aさんの元に
他のヒーラーさんのお客様が
流れ込んできました。

 

そんなお客様をAさんは
喜んで迎え入れようとしたのですが、
おかしなことにお客様を受け入れることが
できませんでした。

 

予約の都合が合わなかったり、
予約時間の寸前で急に用事が入ったりと、
お客様を断らないといけない出来事が
何回も何回も起こったのです。

 

実は、これこそ、
罪悪感のために無意識にお客様を
拒んでいたケースだったんですよね。

 

この場合、Aさんは引き抜きをしたわけでは
ありませんが、自分がヒーリングを安く
提供したせいで、他のヒーラーさんから
お客様を奪ったのでは?、と罪悪感を抱いてしまったんです。

 

Aさんに相談を受けた僕は
このような出来事が起こる理由を説明し、
Aさんの罪悪感を取り除く方法を
お伝えしました。

 

結果的には、Aさんは現在、
元気にヒーリングサロンを開いていて、
お客様にも恵まれているとのことです。

 

★あなたの思いを広げよう!

お客様だけでなく、どんなものであっても
相手から奪う形になる行為は
罪悪感を生み出し「受け取り力」を弱めます。

 

ですので、
ライバルのお客様を引き抜こう
としてはいけません。

 

では、どのようにしてお客様を
集めれば良いのでしょうか?

 

それは、前にも書きましたが、
あなたのファンを生み出し、
そのファンだけをお客様にする
ことです。

あなたの施術や施術にかける思いなどを
機会があるごとに周りの人に伝えてみてください。

 

その「あなたの思いの発信」が
あなたのファンを生み出していきますから(^^)。

 

平和と喜びが
あなたと共にありますように!

受け取り力を高めてお金の流れや
仕事を劇的に良くするヒント満載の
の無料メール講座はここをクリック!

★米田秀穂(よねだひでほ)って、どんな人なの?と思った方は、
Facebookで、日々のことを書いています。Facebookのフォロー・
お友達リクエストお待ちしています。
(リクエスト承認は、私の独断と偏見で行いますのでご承知おきください。)
米田秀穂のフェイスブックはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA