料理経験ゼロから料理教室講師になったMさんのジャンプアップの秘密って?

★料理下手のMさんが料理教室の講師になったワケ。

こんにちは!
集客力、セールス力をアップさせる「受け取り力」を
3ヵ月で回復させ、お客様、収入を激増させる
受益力回復コンサルタント、米田秀穂です。

 

少し前にFacebookで
「『好きが仕事になる』のと
『好きを仕事にする』のとでは
大きな違いがある」

と投稿しました。

 

有名な経営コンサルタントさんからも
「本当にその通り」と
共感のコメントをいただいて、
僕としてはとっても嬉しかったです。

 

ただ、何人かの方からは
「書いてる意味が分からない」
という声もいただきました。

 

そこで、今回は
「好きを仕事にする」ことで
料理経験ゼロから料理教室の人気講師に
なったMさんの事例を紹介
します。

Mさんは、僕と出会った5年前は
20代後半で結婚されたばかりでした。

 

Mさんは理想の男性と結婚することに
なったのは良いですが、
仕事に打ち込み過ぎたためか
家事、特に、料理が苦手でした。

 

料理が苦手というよりは、
料理経験がゼロに近かったのです。

 

まあ、そのこと自体はそんなに問題ではなく
「これからは料理の腕を磨こうと思います」
とMさんはにこやかに話していました。

 

さて、そんなMさんと5年ぶりに
お会いしたのですが……。

 

Mさんはなんと料理教室の講師に
なっていました。

 

それも、和洋中なんでもOKで、
初心者から腕自慢のプロの方まで
学びに来る教室を開いていたのです。

「米田さんに『料理が苦手』って言って
ましたけど、なんだかわからないうちに
こんな仕事をするようになりました」

 

Mさんは笑ったいましたが、
僕は本当に驚いてしまいました。

 

では、どのようにして
料理が苦手なMさんが料理教室の講師として
成功を収めたのでしょうか?

 

★好きが高じて仕事になったMさん。

Mさんが料理教室の講師として大成功した理由、
それは、Mさんが料理を大好きになったから
です。

 

Mさんは愛する旦那様のために、
料理をうまくなろうと決めたのでした。

料理教室に通ったり、料理本を何冊も
買い込んだりして、Mさんは基礎から料理を
学ばれたそうです。

 

で、そうしているうちに、
いつの間にかMさんは料理が好きに
なっていたとか。

 

旦那様からも
「いつも美味しい料理をありがとう、
本当に嬉しいよ」
とほめられ、どんどん料理の腕を磨くのに
夢中になっていきました。

 

そして、料理やMさん自身に自信を持てる
ようになり「受け取り力」がどんどん
高まっていったんですね。

 

その結果、
料理を教えてほしいという人を呼び込んだり、
教室を開いてみないかという話を
食品会社からいただいたりと、
トントン拍子に講師への道が開いたのでした。

 

★「好きが仕事になる」がうまくいくのは……。

人は誰しも、本当に好きなことには
夢中で取り組みます。

 

そして結果として、自然と
自信や魅力が沸きだして、
周りの人を引き寄せるようになります。

 

「受け取り力」も高まっているので、
周りの人やその人たちからの協力や提案も
受け取れるようになっています。

 

そのため、どんどんと成功していくんですよね。

 

逆に、好きなことを仕事にした場合、
「好きなこと」をするのと同時に、
やらなければならないことがたくさん
出てきます。

たとえば、
あなたの魅力を周りに伝えたり
事務作業などを行ったり。

 

また、これらのことを行うために、
時間もたくさんかかります。

 

そのため、途中で苦しくなり、
ビジネスとして続けられなくなって
しまうことが多いのです。

 

★「好き」の流れに乗って幸せをつかもう!

あなたが好きなことが起業したいと思うなら、
「好きが仕事になる」流れで
ビジネスを育てていきましょう。

 

また、今、好きなことを仕事にしているのに、
お客様が集まらない、売上が伸びないと
悩んでいるのなら、
「好きが仕事になる」流れに乗っているかどうか
チェックしてください。

 

好きなことを仕事にする時には、
どのような流れでビジネスに育てるのかが
大事になっていきますから(^^)。

 

平和と喜びが
あなたと共にありますように!

受け取り力を高めてお金の流れや
仕事を劇的に良くするヒント満載の
の無料メール講座はここをクリック!

★米田秀穂(よねだひでほ)って、どんな人なの?と思った方は、
Facebookで、日々のことを書いています。Facebookのフォロー・
お友達リクエストお待ちしています。
(リクエスト承認は、私の独断と偏見で行いますのでご承知おきください。)
米田秀穂のフェイスブックはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA