お客様離れに陥ったサロンの売上を戻した意外な盲点って?

★お客様が減った時、忘れているのがこの心。

こんにちは!
集客力、セールス力をアップさせる「受け取り力」を
3ヵ月で回復させ、お客様、収入を激増させる
受益力回復コンサルタント、米田秀穂です。

 

サッカーWカップ、
日本代表は残念ながらベルギーに
負けてしまいましたね。

2018 FIFA ワールドカップ|NHKスポーツオンライン2018 FIFA ワールドカップ|NHKスポーツオンライン 

 

全力を尽くしたとはいえ、
選手たちはさぞ悔しいことでしょう。

 

その悔しさをバネに、
次の大会ではぜひベスト8以上に
勝ち進んでいただきたいものです(^^)。

 

さて、サッカーだけでなく、
望む結果を出し続けるためには、
ベースとなる意識を持ち続けることが
大事なんですよね。

 

いわゆる「初心忘れるべからず」
というヤツです。

 

同じ行動をしていても、
ベースとなる意識がずれてしまうと
望む結果が出せなくなってしまいます。

 

ということで今回は、
いつの間にか最初の意識がズレてしまって
お客様が激減した事例を紹介します。

 

Nさんは40才代の女性で
エステサロンを経営し、施術のほか、
化粧品などの販売を行っています。

起業して3年目。
新規やリピーターのお客様も増え、
順調にお仕事を行っていました。

 

ところが、最近になって急にお客様が
減ってきたとのこと。

 

何か不手際を起こしたとか、
クレームが入ったとかということは
ないのにお客様が戻ってこないのです。

 

Nさんはこれまで以上に
様々なノウハウを実践してみたのですが、
客足は遠のくばかり。

さて、Nさんのサロンのお客様離れの理由、
あなたはわかりますか?

 

その理由ですが……。
それは意外なことに
「経営者意識を持ってしまったせい」
だったのです。

 

★ノウハウを行う意識の違いが結果を左右する。

Nさんは技術も優れていたのですが、
そもそもお客様第一主義で施術を
行っていました。

 

化粧品も、無理に進めるようなことせず、
いつもお客様の立場に立ってアドバイスを行い、
販売していました。

 

ところが、3年もサロンを経営するうちに
Nさんに「経営者意識」が芽生え、
サロンの売上や運営についてシビアに考える
ようになっていたんです。

ただ、無意識のうちに
悪い意味での「経営本位」に意識が
傾いてしまったんです。

 

お客様はけっこう敏感です。
Nさんの微妙な変化に気づいてしまい、
その結果、Nさんのサロンから遠ざかって
しまったのでした。

 

★常に初心を意識しよう!

僕たちは知らず知らずのうちに
周りの人や環境などに影響を受けてしまいます。

 

ノウハウを学ぶ時や実践する時にも、
そのノウハウに込められた考え方に
影響されたりします。

 

そのせいで、注意していないと、いつの間にか、
無意識に「自分本位」な行動をしてしまい、
周りの人が離れていくような状況を招いてしまいます。

 

ですので、常日頃から
僕たちは自分がどんな意識で行動しているのかを
チェックし、本来の在り方に立ち戻っていくこと
が大事なんですよね。

 

では、意識をチェックし本来の在り方に
立ち戻っていくにはどうすれば良いのでしょうか?

 

実は、それって意外と簡単なんです。

 

あなたの普段の生活を振り返ってみて、
うまくいるかどうかチェックするだけで良いのです。

もし「うまくいってないなあ」と
感じたら意識がズレてきているので、
初心を改めて確認しましょう。

 

Nさんも今では毎日自分の意識をチェックし、
お客様もだんだんと戻ってきているとのこと。

 

お客様が急に減るなど、うまくいかないことが
起こり始めたら、あなたの目的意識を
確かめてみることをおススメします。

 

たったそれだけで、状況がどんどん
望む方向に向かっていきますから(^^)。

 

とはいうものの、
「一人が行うのは難しいし……」
という方は、僕と一緒にやってみませんか?
詳しくはこちらをごらんください。
米田秀穂のコンサルティング

 

平和と喜びが
あなたと共にありますように!

受け取り力を高めてお金の流れや
仕事を劇的に良くするヒント満載の
の無料メール講座はここをクリック!

★米田秀穂(よねだひでほ)って、どんな人なの?と思った方は、
Facebookで、日々のことを書いています。Facebookのフォロー・
お友達リクエストお待ちしています。
(リクエスト承認は、私の独断と偏見で行いますのでご承知おきください。)
米田秀穂のフェイスブックはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA