「『好き』で独立できそうです!」。ネイリストIさんの陥いりかけたミスって?(体験者の声)

★独立に苦しんだIさんが笑顔になれた理由は……。

こんにちは!
あなたの努力を無理なく実らせる
コンサルタント、米田秀穂です。

 

さて、今回は仲間が独立していく中、
なかなか起業できないでいたIさん(30代女性)が
楽しく仕事ができるようになった事例を紹介しますね。

 

Iさんはお店に勤務するネイリストさん。
ネイルの仕事を始めて5年になるとのこと。

ネイリスト

Iさんの夢は独立して自分のお店を持つこと。
先輩たちもけっこう独立していて、
小さいながらもお店を持っています。

 

「私もそろそろ独立の準備をしよう」
そう思ったIさんでしたが、起業に向けて
行動を起こしたとたんに様々なトラブルが。

 

たとえば、
お得意様になってもらえそうなお客様を
先輩や同期のネイリストに横取りされたり、
Iさんの悪口を周りに広められたりされた。

 

家族が事故に遭って開業資金を治療のために
使うことになったり、お店になる場所が全然
見つからないなどということが起こったそうです。

 

そんな時、お客様から僕のことを聞いたIさんは、
僕のところに相談に来られたのでした。

 

★好きを仕事にするリスクって?

さて、そんなIさんですが、
コンサルティングの後には
トラブルはすっかりと収まったそうです。

 

独立はまだ果たしていませんが、
お勤めしているお店だけでなく、
自宅周辺などのヘアサロンに間借りして
ネイリストとして人気が上がっているとのこと。

「近々、自分の店を持てそうです」と
メールでご報告をいただきました。

 

では、Iさんはなぜトラブルに見舞われ、
コンサルティング後にうまくいくように
なったのでしょうか?

 

その理由は、
「好きを仕事にする」のではなく
「好きが仕事になる」に意識を変えたから

です。

 

Iさんはネイルの仕事が大好きでしたが、
事務や経理などの仕事は好きではなく、
むしろ、苦手でした。

 

その苦手に対して何らかの手立てをせず
「好きだから」と独立しようとしたので、
現実的な面からも精神的な面からも
ブレーキがかかったのでした。

たとえば、お客様の横取りや悪口を言われる
といったトラブル。

 

その原因は、実はIさんでした。

 

独立に気をとられていたIさんは、
その頃、お客様にキチンと向き合えて
いませんでした。

 

そのせいで、お客様が他のネイリストに
移ったりクレームがでていたのです。

 

また、詳しくは書けませんが、
ご家族の事故や物件が決まらないのも、
Iさんの行動に原因があったのです。

 

そんなIさんが状況を立て直せたのは、
「好きが仕事になる」ように行動を
変えていただいたから

です。

 

僕はIさんに時や場所を選ばず、
誰彼なしにネイルのサービスを行うことを
アドバイスしました。

 

僕のアドバイスを受け入れてくれたIさんは、
本当に時間を惜しまず、いろんな場所で
いろんな人にネイルのサービスを行ったそうです。

 

そして、そうするうちに
もともと多かったお得意様がどんどん増え、
Iさんはお店以外でもネイルの仕事を
頼まれるようになったのでした。

 

また、お客様が増えたせいで
いろいろ情報が入ってくるようになり、
良い物件の話が来ているそうです。

 

★好きが高じれば自然と道が開ける!

好きなことが誰かへのサービスであれば、
好きなことをすればするほど誰かを
喜ばせることになります。

 

そうなると、何もしなくても
たくさんの人が集まってくるようになり、
自然とビジネスが生まれるんです。

 

その頃には必要な技術や情報はすべて
そろっていて、ビジネスも勝手にうまく
進んでいくんですよね。

あなたがもし好きなことで起業したいと
思っているのならまず好きを極めることをおススメします。

 

そうすることで、あなたの「好き」は
必ずビジネスになっていきますから。

 

最初から「好き」でお金を手に入れようと
するよりも何倍も速く良いビジネスになってくれますよ。

 

とはいうものの
「やっぱり好きを仕事にしたいんです!
どうすればいいんですか!」
という方は、僕が相談に乗りますよ。

 

詳しくはこちらをご覧ください。
米田秀穂のコンサルティング

平和と喜びが
あなたと共にありますように!

受け取り力を高めてお金の流れや
仕事を劇的に良くするヒント満載の
の無料メール講座はここをクリック!

★米田秀穂(よねだひでほ)って、どんな人なの?と思った方は、
Facebookで、日々のことを書いています。Facebookのフォロー・
お友達リクエストお待ちしています。
(リクエスト承認は、私の独断と偏見で行いますのでご承知おきください。)
米田秀穂のフェイスブックはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA