お客様が戻らない時はコレを手放すことが大事!

★今回はメールでの質問に答えます!

さて、今回はいただいたご相談に
お答えしていきます。

 

今回の質問を送ってくださったのは、
Y県のDさん(40代女性)です。

 

Dさん、質問を送ってくださり、
誠にありがとうございました。

 

質問をしていただけるのは、
お仕事をいただくより嬉しかったり
するんですよね。

 

何しろ、質問があるというこちは、
僕のブログやメルマガをいつも読んで
くださっているということ。

 

また、質問するには勇気がいるでしょうしね。

 

ですので、本当に嬉しく感謝しています。

 

で、Dさんの質問なんですが、
サロンのお客様が減ったので、
いろいろとノウハウを試しているのですが、
努力しているのにお客様も売上も増えない

というご相談です。

疲れた女性

 

 

 

 

 

 

最近、理由はわかりませんが、
お客様離れがひどくなってきました。

そこで、集客セミナーやビジネス書などにある
ノウハウを試してみたのですが、
まったく効果が出ませんでした。

セラピーの先生や先輩の方達からは
同じノウハウでお客様が集まったので、
「もう少しがんばってみては」
という風に言われました。

でも、実際のところ、何をしたら良いのか、
どうすれば良いのかがわからなく
なってきています。

何か良いアドバイスをいただけたらと思い、
メールを差し上げた次第です。

 

Dさん、ご質問をいただき、
誠にありがとうございます。

 

他の人が行って効果のあった
ノウハウを行ったのに結果が出ない、
これ以上何をしたら良いのかわからない、
ということですね?

 

では、さっそくお答えしていきますね。

 

まず、誰かが行って効果があったからといって、
そのノウハウが万人向けとは限りません。

 

Dさんが試したノウハウはDさんには
向かなかったのだと思います。

 

そのへんについての解説や対処法は
こちらの記事に書いてありますので、
ぜひ読んでみてください。

 

★状況改善の第一歩は「手放し」から。

 

で、これからどうしたら良いのか?
ということですが、
どうしたら良いのかわからないのなら、
とりあえず何もしないでおくこと

をおススメします。

手放す女性

なぜなら、今のDさんの状況や行動が
「お客様を増やせない私」という立場を
強めて「受け取り力」を弱めているから
です。

 

ちょっとここのところを詳しく説明しますね。

 

まず、お客様が減ったと意識した時点で
Dさんには不足感が芽生えたと僕は考えています。

 

そこで、Dさんはその不足感を消し去ろう
として集客に力を入れたのですが、
お客様が増えなかった。

 

そのために、本来消えるはずの不足感が
「私にはお客様を集められない」とか
「がんばらないとお客様が来ない」などと
状況を改善するのに不都合な観念に成長してしまった。

 

そのせいで、何をしても結果が出せない、
どうしたら良いのかわからない、
という状況になっている。

 

質問からはそんな状況が浮かんで
くるのですが、いかがでしょうか?

 

もし、その通りなら、
先ほどもアドバイスした通り、
ノウハウからはいったん手を引いて
集客するのはストップさせてください。

 

集客するという行動を手放すのです。

 

泥沼にはまるように、
やればやるほど状況を悪くしてしまいますから。

 

で、その代わりに、サービスの向上や
サロンの模様替えなどを今まで
後回しにしていたことを行ってみてください。

理由は長くなるので今回は省きますが、
それを行うことで、意外とお客様が戻って
くることが多いですから。

 

Dさん、ぜひ試してください。
そして、状況が変わったらまたメールで
教えてくださいね(^^)。

 

★ご質問お待ちしています!(^^)。

さて、このようにメールなどで
いただいた質問はブログやメルマガで
答えさせていただきます。

 

あなたも何か質問したいことがあれば
ぜひメールなどでお寄せ下さいね!(^^)。

 

平和と喜びが
あなたと共にありますように!

受け取り力を高めてお金の流れや
仕事を劇的に良くするヒント満載の
の無料メール講座はここをクリック!

★米田秀穂(よねだひでほ)って、どんな人なの?と思った方は、
Facebookで、日々のことを書いています。Facebookのフォロー・
お友達リクエストお待ちしています。
(リクエスト承認は、私の独断と偏見で行いますのでご承知おきください。)
米田秀穂のフェイスブックはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA