憧れの仕事で収入を得るためにMさんに足りなかったものって?

★落選続きのMさんがプロのイラストレーターに!

こんにちは!
あなたの努力を無理なく実らせる
コンサルタント、米田秀穂です。

 

今週は憧れていた仕事に就けるように
なったMさん(30代女性)で
スタートしたいと思います。

 

Mさんと出会ったのは2年前。

 

その頃のMさんはOLをされていて、
将来は好きなイラスト描きで
収入を得たいとがんばっていました。

イラストを描く女性

Mさんは大小のコンテストに応募したり、
知り合いのつてを頼って
プロのイラストレーターに
作品を観てもらったりしていました。

 

ですが、結果は全然ダメ。
コンテストは入賞を逃してばかり。

 

プロの方に観てもらい仕事を紹介して
もらっても、なかなかデビューに
つながりません。

 

そんなことが続くうち、
ブログをご覧になって
Mさんは僕のところに相談に
来られたのです。

 

さて、コンサルを受けたMさんですが……。

 

コンサル後半年で、
小さなコンテストですが入賞。

 

しかも、入賞作品の展覧会で
企業の広報担当者と知り合い、
仕事を依頼されるようようになったのです。

pcの前で喜ぶ奥さん、女性

今では、
「小さなイラストが多いですが
途切れることなく仕事を依頼されています」
だそうです(^^)。

 

★なぜMさんは結果を出せなかったのか?

Mさんがうまくいかないでいた理由は、
やはり「受け取り力」が
弱かったからでした。

 

デビューできるようなチャンスが
あっても「受け取り力」が弱くて、
そのチャンスを活かせなかったんです。

 

では、Mさんはなぜ「受け取り力」が
弱かったのでしょうか?

 

その理由はMさんに自信がなかったことです。

うまくいかず悩む女性

Mさんはイラストの技術を
独学で身につけたのですが、そのせいで、
「私はプロになれるほどの力がない」
と無意識に思ってしまっていたんです。

 

その思い込みがMさんから
自分の作品への自信を奪い、
チャンスをものにできなくしていた
のです。

 

その思い込みを僕とのコンサルで
取り除いたMさんは、
自信を持てるようになり、
望む結果を出せるようになった
のでした。

 

★誤った関連付けをなくせば望んだ結果が
どんどん入ってくる。

では、Mさんはどのようにして
自信を持ってるようになったの
でしょうか?

 

その方法として、僕はMさんに
「関係性の遮断」という説明と
それを身につけるトレーニングを
行ってもらいました。

 

Mさんは自分が認めてもらえないのは
「独学のせい」だと思っていました。

 

でも、
「独学」と「認めてもらう・もらえない」は
関係ありませんよね?

 

もっといえば、
「独学」と「作品のすばらしさ」とか
「独学」と「Mさんの人間性」なんて
まったく関係ありませんよね?

 

なのに、僕たちは
まったく関係ないもの同士を
「この結果はこれが原因」と
勝手に関係づけてしまう
ことがあるんです。

 

Mさんもおかしな関係づけに囚われて
受け取り力を発揮できずにいた
んです。

 

そんなわけで、Mさんには
コンサル後に毎日
誤った関係づけを断ち切るワークを
行ってもらいました。

 

その結果、短時間で
イラストレーターとしての
デビューにつながったんですね。

 

あなたがもし
「私も変な関連付けで
自信も望みも手に入れられてない!」
と思うのなら、次のワークを試して
みてください。

 

それは、
何か良くないことが起こった時に
あなたの性格や経歴などと
関連付けるのをやめる

というものです。

 

これができるようになると、
自然とスムーズに行動できるようになり
良い結果も出せるようになりますから(^^)。

 

平和と喜びが
あなたと共にありますように!

受け取り力を高めてお金の流れや
仕事を劇的に良くするヒント満載の
の無料メール講座はここをクリック!

★米田秀穂(よねだひでほ)って、どんな人なの?と思った方は、
Facebookで、日々のことを書いています。Facebookのフォロー・
お友達リクエストお待ちしています。
(リクエスト承認は、私の独断と偏見で行いますのでご承知おきください。)
米田秀穂のフェイスブックはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA