お客様や売上を増やす努力をする前に行っておく、たった1つのポイントとは?

※この記事の初出は2018年3月5日です。

★この記事をざっくり言うと

・商品やサービスには、同じ内容なのに
何度も体験したいものとそうでないものがある。

・提供する者が愛し自信を持って提供する
商品やサービスにこそリピーターがつく。

・商品やサービス、あなた自身に
いつも「愛している」と声かけを!

★リピーターになってしまう理由、
わかりますか?

こんにちは!
あなたの努力を無理なく実らせる
コンサルタント、米田秀穂です。

昨日あべのハルカス美術館での
東郷青児展を観てきました。

生誕120年 東郷青児展 夢と現(うつつ)の女たち | あべのハルカス美術館生誕120年 東郷青児展 夢と現(うつつ)の女たち | あべのハルカス美術館 

 

好きな画風だったので、
機会があればもう一度
見に行きたいと思いました。

 

さて、このように、
一度体験しても、
もう一度体験したい、

と思うものがあります。

 

絵画展だけでなく、
映画やテーマパーク、漫画や小説
なんかは、何度でも行きたい、読みたい
と思うものがありますよね。

 

ではなぜ、何度も体験したい、
と思うのでしょうか?

 

その理由がわかれば、
あなたもお客様に何度もいらして
もらえるようになるのでは
ないでしょうか?

 

あなたの商品を繰り返し買ってもらえたり、
リピーターとなって何度も足を運んで
いただけたりするようになっていただけたり
するようになれるのではないでしょうか?

 

★商品やサービスを愛していますか?

では、一度体験しても
何度でも体験したいと思う理由とは
何なのでしょうか?

 

それは、

作品や商品、サービスを
提供する側が心から愛し、
自信を持って提供しているから

です。

実は、自分が提供するメソッドや
コンテンツを愛せるようになってから、
僕もセミナーやコンサルへの参加者が
増えていったんですよね。

 

もちろん、それまでも
お伝えする方法や理論などに
自信を持っていました。

 

でも、
「この方法ってステキだ、大好きだ!」
と思うようになったから、
意外なほどにコンサルの申し込みが
増えたんですよね(^^;。

 

ではなぜ、あなたが自分の商品や
サービスを心から愛し自信を持って
勧めると相手に気に入ってもらえる
のでしょうか?

 

それは、

愛するもの提供することで
あなたが相手を大事にしていることが
お客様に伝わるから

です。

人間誰しも、
自分が大好きなものなら、
相手にも好きになって欲しい、
喜んでもらいたいと思って提供する
ものです。

 

それが相手に伝わるので、
リピーターになって
いただけるんですよね。

 

逆に言えば、同じ商品やサービスが
提供されていても、適当な態度で
提供する相手には良い気持ちが
しないですよね。

 

たとえば、
同じ料金で同じ料理なら、
笑顔で提供してくれる
レストランで食べたくなるもの。

 

いくら安くても美味しくても
つっけんどんでブスッとした
対応のレストランでは食べたくない
と思いませんか?

 

ちなみに、つっけんどんでブスッと
した対応をするのは、
仕事や商品、サービスを愛せていない
からなんですよね。

 

★「愛しているよ」と声をかけよう!

ですので、
あなた自身を含め、
あなたの商品やサービスを心から愛し、
自信を持って勧めてください。

 

そうすれば、
お客様に何度も足を運んで
くださるようになりますから(^^)。

 

そのためには、日頃から
あなた自身や商品、サービスに
心からの愛を与えてください。

 

「大好きだよ、愛してるよ」と
あなた自身や商品、サービスに
言葉をかけてあげましょうね。

 

ただそれだけの行動で、
お客様をたくさん増やした方も
いますので(^^)。

 

「でも、たったそれだけでいいの?」
「もっと他の方法も知りたいなあ」
と思う方は、ぜひメルマガを
読んでみてください。

 

思い込みを取り除いたり自信を取り戻したりと、
お金の流れや人間関係などを劇的に良くする
方法やヒント満載で配信しています。

無料メルマガの登録はここをクリック。

平和と喜びが
あなたと共にありますように!

★米田秀穂(よねだひでほ)って、どんな人なの?と思った方は、
Facebookで、日々のことを書いています。Facebookのフォロー・
お友達リクエストお待ちしています。
(リクエスト承認は、私の独断と偏見で行いますのでご承知おきください。)
米田秀穂のフェイスブックはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA