小平選手の金メダルに学ぶ執着心の捨て方

こんにちは!
あなたの努力を無理なく実らせる
コンサルタント、米田秀穂です。

 

さて、今回はオリンピックの話題から。

 

ピョンチャンオリンピック
スピードスケートの女子500メートルで、
小平奈緒選手が36秒94のオリンピック
新記録をマークし、金メダルを獲得しましたね。

 

金メダルの小平 「夢に描いていたもの 成し遂げうれしい」 | NHKニュース金メダルの小平 「夢に描いていたもの 成し遂げうれしい」 | NHKニュース 

 

ほんと、素晴らしいです。

 

小平選手はソチオリンピックでは
エースとして期待されながらも
5位に終わりました。

 

また、今回のピョンチャンオリンピック
でも女子1000メートルの
世界記録保持者として臨んだのに
銀メダルでした。

 

素晴らしい結果ながらも、
なかなか金メダルに手が
届かなかったんですよね。

 

そんな小平選手でしたが、
500メートルでは見事に金メダルを獲得。
金が確定した瞬間、なかなか感動しない僕も
思わず声を上げてしまいました。
本当に良かったです。

 

さて、金メダルを獲得した後で、
NHKのインタビューで
小平選手はこう語っています。

 

「私も頂点に立ちたいという思いがあった。
ただ、自分のベストを出すためには
必要のない意識で、
今回は自分の滑りだけに集中した」

 

小平 最後まで強かった“独自フォーム”とは | NHKニュース小平 最後まで強かった“独自フォーム”とは | NHKニュース 

 

僕は小平選手がベストの結果を出せたのは、
実力もありますが、この
「自分の滑りだけに集中した」
ことにあると思いました。

 

実は、人間って目先の目標に
執着すると、それに囚われてしまい、
本来の力が出ないんですよね。

 

とはいうものの、
執着心を捨てるのはなかなか
難しいものです。

 

よく

「物事に執着してはいけない。
執着心を手放そう。
執着を手放せば幸せになれる」

と説いている人がいます。

 

でも、叩かれるのを覚悟で書きますが、
こんな人の多くが
「執着心を手放さないと!」と
執着心を手放すことへの執着してる
ことが多いんですよね。

 

では、どうすれば執着心を
捨てることができるのか?

 

それは小平選手のように
「ただ今、そこだけに集中する」
だけで良いのです。

 

そもそも、
「執着しない、執着を捨てる」なんて
がんばってやんなくて良いんですよ。

 

今目の前のことに集中していれば、
余計なことに惑わされないですからね。

 

そして、それだけで人は幸せになれるし、
望む目標を達成することができる。

 

僕たちも小平選手のように
ただ今に集中して生きて
いきませんか?

 

平和と喜びが
あなたと共にありますように!

受け取り力を高めてお金の流れや
仕事を劇的に良くするヒント満載の
の無料メール講座はここをクリック!


★米田秀穂(よねだひでほ)って、どんな人なの?と思った方は、
Facebookで、日々のことを書いています。Facebookのフォロー・
お友達リクエストお待ちしています。
(リクエスト承認は、私の独断と偏見で行いますのでご承知おきください。)
米田秀穂のフェイスブックはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA