お客様を喜ばせるのにイラナイのは「罪悪感」。

★この記事をざっくり言うと

・罪悪感なんて持つだけムダ。
というは持ってはいけないものだ。

・お客様にとって大事なのは自分が嬉しいかどうか。
あなたの気持ちはどうでも良い。

・お客様が喜ぶことだけ考えよう!

★罪悪感なんて持つだけムダ?!

こんにちは!
あなたの努力を無理なく実らせる
コンサルタント、米田秀穂です。

 

花粉の季節が本格的にやって来る前に
花粉症の薬を処方してもらいに行きました。

病院は連休明けで混んでいて
9時過ぎに家を出て、
帰ってきたのが10時30分。

 

帰って来たら疲れてしまい、
お昼前までグダグダ。

 

ちょっとイケない行動です(^^;。

 

それでも、今の僕は
「こんな事をしていてはダメだ!」
なんて罪悪感を持たなくなりました。

 

なぜなら、
罪悪感を持つと「受け取り力」が
弱まって望む結果を手に入れられ
なくなると知ったから。

 

あなたも、お客様や売上を増やす、
いえいえ、お客様を喜ばせたい
なんて思うのなら、
罪悪感はキッパリ捨てましょう!

 

★お客様大事なのは「自分が嬉しいか」

これまで僕は何かあるたびに
罪悪感に苦しんできました。

 

「こんなことをやってしまうなんて、
もうこの先うまくいくはずない」

「みんなから嫌われるのは、
こんな失敗ばかりしているからだ。
僕はなんてダメな人間なんだ」

こんな事を思って頭を抱えていたんです。

ですが、ある時に気づいたんです。

 

失敗しても「この先がうまくいけた」り
「こんな失敗」をしたから嫌われた
わけではなかったことに、です。

 

また、うまくいかなかったり
嫌われたりした理由が
「こんな失敗やあんな失敗に
囚われウジウジ悩んでいたせい」
だったことにもです(^^;。

 

要するに罪悪感を抱くことで、
ウジウジ悩んで前に進まなかったから
うまくいかなかったんです。

 

ま、あとは、
ウジウジ悩む姿に愛想を尽かさる、
といった面もありましたが(笑)。

 

さて、人一倍責任感のあるあなたなら、
「もっとこうすれば良かった……」
「あれをしなかったために、
お客様に満足していただけなかった」
なんてけっこう思っているのではないですか?

 

ですが、実際のところ、
あなたが何を思おうが思うまいが、
お客様には全く関係ないんです。

 

お客様にとっては、
あなたが行ったことが
嬉しかったり楽しかったりするか
どうかだけが大事。

ですから、罪悪感なんて
抱くだけ無駄なんです。

 

それどころか、罪悪感のせいで、
できることが抱きなくなって、
お客様を悲しませたり怒らせたり
してしまうこともあるんですよね。

 

それなら、
「私ってすばらしいでしょ!」
と居直るぐらいがちょうど良いです。

 

★お客様が喜ぶことだけ考えよう!

というわけで、
お客様を喜ばせたいなら、
罪悪感を持つのは禁物です。

 

ですので、次のことを徹底して
頭に叩き込んでおいてくださいね。

 

それは、

あなたが何をしようがしまいが、
何を考えようが考えまいが、
何を感じようが感じまいが、
お客様が喜びを感じるのとは関係ない

ということ。

 

これだけをバカの一つ覚えで
心に刻み付けておきましょう。

 

刻み込みが深くなるにつれて、
心も体も軽くなっていくことでしょう。

 

そうなれば、
お客様の喜びもどんどん大きくなり、
たくさんの方に来てもらえるように
なりますよ(^^)。

 

「でも、罪悪感をなくしたらマズイよね」
と思いますか?

 

実は、常識って意外とあなたを不幸に
するんですよね。

 

そんな不幸を招く常識と縁を切り、
お金の流れや人間関係の改善を
「受け取る力」を高めるメルマガを
配信しています。

メルマガの登録はここをクリック!

 

★米田秀穂(よねだひでほ)って、どんな人なの?と思った方は、
Facebookで、日々のことを書いています。Facebookのフォロー・
お友達リクエストお待ちしています。
(リクエスト承認は、私の独断と偏見で行いますのでご承知おきください。)
米田秀穂のフェイスブックはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA