買い物するだけで収入がどんどん増えていく方法

★この記事をざっくり言うと

・買い物をする時には
セルフイメージを高めるようにしよう

・思考と行動が繰り返されて、
あなたの人生を良くも悪くもする

・買い方のように、行動を変えて、
人生を良い方向に変えていこう

★買い物で気をつけていることは……。

レポート用紙を買いました。

100均で、ではなく、
文房具専門店で、
有名メーカーのものを、です。
同じ枚数ですが、値段は2倍でした。

「もったいない!
レポート用紙ぐらいなら
100均で十分なのに」
こう思う人もいるでしょう。

でも、僕は惜しいとは思いません。

書き心地が良いし、何よりも
「僕はこんな良い用紙を使うような
価値のある人間なんだ」
と思えるからです。

というより、このように
自分自身のイメージを高めるために、
僕は「価値のあるもの」を手にする

ようにしています。

それというのも、
収入のアップやチャンスを
手にするには、この
「自分は価値がはある存在だ」
と思えることが大事だからです。

★マイナスの思考と行動が人生を悪くする?!

行動の結果か、それとも、
もともとの思考か、
どちらが先かはわかりませんが、
あなたの人生はこの2つが
追いかけっこをして生まれたものです。

例を挙げると、

「お金がない」と思う(思考)

安いものを買う(行動)

「やっぱり私、お金がないんだ」
と自分の状態を決めつける(思考)

お金がない状態を生み出す行動を
無意識にとっていく。(行動)

お金のない状態になる(現実)

「お金がない」と思う(思考)

安いものを買う(行動)

「やっぱり……」

という具合です。

このように、
最初の行動や思考に問題があれば、
あなたの人生は悪循環を
大きくしながら繰り返していきます。

「じゃあ、100均で物を買うなって
言うことなの」
「高いものしか買っちゃいけないの!」
という声が聞こえそうですが、
そういうことではありません。

別に100均の商品が
悪いわけではありません。

ただ、

100均=安いもの

安いもの=価値がない

という考えが幼い頃から
刷り込まれている場合が多いのが
問題なのです。

100均=安物=価値がない
と思いながら、身の回りに100均商品を
置いておくと
「100均でしか買い物しない私」
「価値がないものに囲まれている、
価値のない綿s」
というセルフイメージが無意識に
出来上がってしまうんですよね。

また、周りの人からも
そんなセルフイメージ通りに
思われてしまうんです。

その結果、

100均でしか物を買わない私

お金を持っていない私

という現実を生み出して
しまうんですよね(^^;。

★行動を変えて幸せを呼ぶには?

あなたが幸せになるには、
このマイナスの思考と行動を
現実の繰り返しをストップさせないと
いけません。

そのためには、
毎日の生活の中での買い物で、
あなたが価値を感じるものを
手に入れるようにしていきましょう。

また、
「私は価値あるものを使う」
「私は価値のあるものを使うだけの
価値がある」
と自分に言い聞かせてることも大事です。

といっても、
ブランド品や高いものを買え、
ということではありません。

毎日の生活の中での買い物で、
あなたが価値を感じるものを
手に入れるようにしましょう、
ということです。

このように買い方と思考を変え続けていけば、
「価値のあものを使う価値ある私」と
いうセルフイメージが育っていきます。

そうすれば、
そう思えるようにつれて
収入も増えていきますよ(^^)。

平和と喜びが
あなたと共にありますように!

受け取り力を高めてお金の流れや
仕事を劇的に良くするヒント満載の
の無料メール講座はここをクリック!

★米田秀穂(よねだひでほ)って、どんな人なの?と思った方は、
Facebookで、日々のことを書いています。Facebookのフォロー・
お友達リクエストお待ちしています。
(リクエスト承認は、私の独断と偏見で行いますのでご承知おきください。)
米田秀穂のフェイスブックはこちら

投稿者プロフィール

アバター
米田秀穂:願望実現の達人にあなたを変えるコンサルタント
復縁、夫婦関係の改善、また、収入のアップなど努力しているのに願いを叶えられないでいる方の願望実現をサポート。認知科学の理論や古今東西の願望実現法の理論、方法などを事例を交えてわかりやすく解説。また、ヒプノセラピーなどの心理ワークなども必要に応じて実施。その人の自分や世界などへの認識を変え、願望が実現できる存在へとシフトさせる、あるいは、願望が実現できる存在にシフトできるように導いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA